悪玉コレステロールを減らす|LDLコレステロールを下げる方法とサプリメント

DHAとコレステロールの関係をみてみましょう

DHAはドコサヘキサエン酸といい、人の体に必須の脂肪酸です。
マグロ、カツオなどの青魚に多く含まれています。
DHAは血液の粘度をさげ、血液の流れをよくし目の網膜や脳の働きを活性化する効果があるといわれています。
コレステロールは血管壁にへばりつき血液の通り道をふさいで血液の流れを悪くしたり、血管を硬くしたりします。
DHAとコレステロールの関係は、コレステロールはあらゆる組織の細胞膜の構成物質であり、コレステロールとリポ蛋白が結合した複合体となって血液中を運ばれます。
この複合体には悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。
悪玉コレステロールが多いと動脈硬化、脳梗塞、心臓病、狭心症になりやすくなります。
DHAは善玉コレステロールを減らすことなく増えすぎた悪玉コレステロールを減らし、血液中のコレステロールバランスを正常にするとともに血液をサラサラにします。
さらに細胞を柔らかくする作用があり、動脈自体を柔らかくすることで動脈硬化を防ぐ働きを持っています。
またDHAは高度不飽和脂肪酸であり、常温では固まらない性質を持つことから血液自体をサラサラにし、粘り気をなくすことから動脈硬化の予防になります。

よく見聞きするコレステロールと中性脂肪の関係

体の中には、中性脂肪、コレステロールなどの脂肪があります。
よく見聞きするコレステロールは人の体に存在する脂質の1つなんですが、これは細胞膜、ホルモン、胆汁酸の材料です。
そして、血管壁に溜まった余分なコレステロールをそれを処理する肝臓に運ぶ善玉コレステロールと、肝臓の中のコレステロールを全身に運ぶ悪玉コレステロールがあります。
中性脂肪については肉や魚などの脂質、また人の体の体脂肪の大部分を占める物質です。
エネルギー源ですが、摂り過ぎると体脂肪になります。
体脂肪は動脈硬化や脂肪肝などの原因です。

 

このようなコレステロールと中性脂肪の関係はどんなものでしょうか。
中性脂肪の増加と善玉コレステロール、悪玉コレステロールの減少、増加は相関関係があります。
血液の中の中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減って、悪玉コレステロールが増えます。

 

コレステロールと中性脂肪は、通常、一定の量に保たれます。
ですが、脂質がたくさん含まれた物を食べ過ぎると、余分なコレステロールと中性脂肪が体の中に溜まってしまいます。
その状態は、病院で脂質異常症と診断されて、動脈硬化や脂肪肝などになることがあると告げられるでしょう。

EPAの性質・効果と摂取について

エイコサペンタエン酸の略称でもあるEPAは不飽和脂肪酸の1つで、栄養学的に近年になって注目を浴びている物質です。
より細分化した定義ではオメガ3脂肪酸であるEPAは、植物油に多く含まれるオメガ6脂肪酸の摂り過ぎによって齎される、血液の凝固作用や炎症の発生を緩和する働きがある事が科学的に解っています。従って適量を摂取する事により、血中コレステロール値の調整・動脈硬化の予防・アレルギー症状の緩和効果を期待する事が期待出来るのです。更に脳に到達した場合にはDHAに変換される性質があり、それによって脳機能の活性化にも繋げる事が出来ます。
不飽和脂肪酸全般を多く含有する食品にEPAも多く含まれており、回遊性の魚に特に多く含まれる傾向があります。他には脂肪分の貯蔵庫としての役割もある海洋生物の肝臓、魚卵、魚油・肝油といった魚介由来の加工品にも豊富に含まれます。これらを食品として積極的に摂り入れる事が、EPAの摂取の観点からは望ましくなります。
またサプリメントによる補給も効果的ですが、EPAは過剰に摂取すると血液凝固作用の阻害力が強く出過ぎて出血傾向を呈するとの指摘もあり、海外では摂取上限を設ける国もある成分となっています。従ってサプリメント利用の場合には、用量を厳守する必要があります。

DHAのについて

DHAは正式名称ドコサヘキサエン酸といい、現在は積極的な摂取が健康につながると言われており、現在では含有料などがより多いサプリメントなども多く存在します。
広く注目されるようになったのはまだごく最近ですが、
DHAは不飽和脂肪酸のひとつとされており、取り込むことによって体内の血液がサラサラになると言われています。
また中性脂肪が減り、肥満や高血圧、コレステロール値を下げることもできるため、より、健康の基準値に近づきます。
DHAが足りないと体内では血液がドロドロになり、高血圧発症を発症し、さらに時間がたつとさまざまな病気を引き起こすと言われています。

 

具体的にDHAを多く摂取するのに効果的とされている食材は魚が挙げられますが、他にも野菜の一部(アボカドなど)、えごま油、卵、ナッツ、(牛豚肉)などにも多く含まれています。
これらを意識的に摂取することによって効率よくDHAを摂取することができます。

 

またDHAは大人だけだけではなく、子供や妊婦などにも効果があり、妊婦の中の胎児の脳の発達にもよいとされています。
妊婦が妊娠初期から授乳中まで積極的に摂取を行うと子どもの脳の神経細胞が成長し、脳神経の促進を促しIQなども発達するといいます。

吸収率の高いオメガ3「クリルオイル」

健康増進に役立ちそうな「クリルオイル」について調べてみました。
クリルオイルとは南極海に生息するナンキョクオキアミというプランクトンから抽出されたオメガ3脂肪酸のサプリメントです。
クリオオイルに含まれるオメガ3脂肪酸(DPA,DHA)は、コレステロールや中性脂肪を下げる働きや、現代人に多いアレルギー症状の軽減する効果があると人気が高まっています。また、生活習慣病の予防、ダイエットや脳の活性化にも役立つという注目の成分です。
オメガ3は青魚をはじめ、えごま油・亜麻仁油・紫蘇油、緑黄色野菜・豆などの食品から摂取できますが、青魚などのオメガ3は水に溶けません。
水溶性のクリルオイルは約65%が水分といわれる人体にとって、より効率的に体内にオメガ3成分を吸収できる事が期待できます。
そして、クリルオイルにはビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍もの抗酸化力のあるアスタキサンチンも含まれています。
また、クリルオイルの原料は食物連鎖の下位に属するナンキョクオキアミですので、昨今の海洋汚染からの生物濃縮の心配も低いと考えられます。
毎日の食事で摂取するのことが難しい成分をクリオオイルで上手に摂取できます。

食事制限を厳しくしてコレステロールを制御

?コレステロールは食事でどうにかできる対象であることは、気をつけながら料理を口の中に運び入れている人ならば無意識に感じています。
食べ物が原因となって蓄積されていくという前提知識を収拾しておきさえするなら、あまり身構えないで対処することが可能であるというわけです。
人間にとっては必須なものであることには違いがないことに安心感を覚えてしまうと、意識的に食べている人と比較すれば瞬く間に肥えてしまって生活習慣病の原因を体内で作り出してしまうことと同義ですから十分に配慮する必要があります。
第一に取り組むに越したことがない努力として効果が高いと考えられるのは、最小限の栄養素の摂取の量は確保しつつも胃の中に入れる総量を抑制するために考えながら咀嚼するということです。
体内で消化するべき対象が少なくなるという現象が発生してしまうために、強い空腹感を覚えてしまうことは我慢することが求められるので事前に覚悟しておくことが非常に大切です。
空腹感は序盤が最も大変さを覚えるのですが、徐々に体がなれていき最終的には小職であることが普通になってしまうという方法とも言えます。
制御するための得策として取り入れることが可能です。

 

 

参考になるサイト
日本動脈硬化学会
日本動脈硬化学会
ニッスイサラサラ向上委員会
e-ヘルスネット
日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

 

 

 

 

LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメントはこちら